猫が立ってオシッコ、尿スプレーの意味とは



猫が壁や電柱にオシリを向けてしっぽを震わせながらオシッコすることがあります。

まるでスプレーのようにオシッコをまき散らすので、「尿スプレー」といわれています。

本来、ネコはとても用心深いところがあってトイレ後には自分の排泄物のニオイを残さないように砂などをかけて処理します。ところが、尿スプレーの場合はニオイを隠すどころかあちこちにかけまくりほってらかしです。


これは猫のマーキング行為です。


むしろニオイをつけて歩くことが目的なのです。なので普通のオシッコより匂いが強いと言われています。

マーキング行為はオスに多く、去勢するとニオイは弱くなります。

飼い猫の場合はマーキングの必要はありませんが、ストレスを感じると尿を下部屋に撒き散らしたりします。


コメント

このブログの人気の投稿

猫が「にゃー」と鳴きながら「ゴロゴロ」鳴らすときは「こっち見て」

ネコが「チッ」っと舌打ちするとき

猫の歯の色が茶色っぽくなってきたのは?