ネコが毛布やクッションをモミモミする理由とは?

9:18

毛布やクッションなどの、やわらかいものの上にネコが乗っかって、前足をかわるがわるモミモミしていることがあります。

一心にモミモミするときの猫の表情はうっとりとしていて、モミモミに夢中のご様子です。

これは子ネコの時の習性のなごりです。

子ネコは前足で母ネコの乳をもみもみして、母乳がたくさん出るように刺激します、この時の記憶が残っていて、モミモミをしてしまうのです。


おっぱいを飲んでいる時のような、安心できる環境で、柔らかく、あたたかいものに触れた時に子ネコの記憶がよみがえるようです。

この子ネコが母ネコのおっぱいをモミモミするのは「ミルクトレッド」と呼ばれています。

この行為を無理にやめさせるのは良くありません。

安心しているところを人間に邪魔されたと、飼い主へ不信感をもつ可能性があるからです。

飼い主のお腹の上で、モミモミをするときもあります。

柔らかいものにふれたときにおこる、ネコの「子ども返り」ともいわれています。母ネコから離れるのが早すぎた場合など、コネコ気分が抜け切れず、柔らかいものに触れると子ネコに戻ってしまうのではないか?などと考えられています。

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

Flickr Images