猫がしっぽを小さく立てて左右雨に降るときは好奇心を持っているとき

猫が気になるものを見つけて、じーーっと見つめながら、しっぽを小さく立てて左右に振っているのは、好奇心を持っている時です。


「どうしよう、近づいてみてみようかな?」

と迷っている時です。

猫は好奇心も強いのですが、警戒心もつよいので、このように気持ちがゆれ動くことがあるのです。

コメント

このブログの人気の投稿

ネコが「チッ」っと舌打ちするとき

猫の歯の色が茶色っぽくなってきたのは?

猫が「にゃー」と鳴きながら「ゴロゴロ」鳴らすときは「こっち見て」