ネコがあおむけに寝ているのはリラックスしている証拠



ネコがまるで、人間で言うと大の字になっているかのように、あおむけに寝ることがあります。

ネコにとってお腹は急所、骨に守られていないためここを狙われると深い傷を負ってしまいます。

そのため、普段はお腹を守るように丸まって寝ます。

あおむけに寝るということは、襲われる心配がなく、警戒心がないからです。


飼い主に安心してるからでうs.

コメント

このブログの人気の投稿

猫が「にゃー」と鳴きながら「ゴロゴロ」鳴らすときは「こっち見て」

ネコが「チッ」っと舌打ちするとき

猫の歯の色が茶色っぽくなってきたのは?