ネコがエサのまわりをひっかく理由とは?



ネコがエサのニオイをかいだだけで、食べようとはせずにエサのまわりを、ガサガサ引っ掻いていることがあります。

あるいは神などを、エサにかぶせようとしたりします。

野性時代のネコは、食べきれなかった獲物を土の中に埋めて保存していました。


そして掘り出して食べていたのです。

エサのまわりをひっかくのは、そのころの名残なのです。

保存しておく必要がなくなった今でも、習性が残っているからです。


コメント

このブログの人気の投稿

ネコが「チッ」っと舌打ちするとき

猫の歯の色が茶色っぽくなってきたのは?

猫が「にゃー」と鳴きながら「ゴロゴロ」鳴らすときは「こっち見て」