ネコが「にゃー」と鳴く理由とは?

1:40



ネコの代表的な鳴き声

「にゃー」

ですが、これにももちろん意味があります。

ネコ同士では、「にゃー」と鳴くことはしないのです。

人間に向かって、話しかけている時に「にゃー」と鳴くのです。


もともと、「にゃー」と鳴くのは、仔猫が母親ネコに「お腹すいた」「寒い」「眠い」と訴えるときの声なのです。

大人になると自然に鳴かなくなりますが、飼い主が親のような存在と思っているので、いつまでも甘えて「にゃー」と甘えているのです。

甘えて「にゃー」と泣いて、ネコの欲求が叶えられるのがわかると、さらにいろいろと訴えてくるようになります。

「かまってほしいなあ」

「あそびたいなあ」

といった気持ちで鳴いている時もあります。


ドアの前で「にゃー」


ドアの前のにゃーは、ドア開けて欲しいとイッています。

お皿の前で「にゃー」

いつもエサをたべているお皿の前で「にゃー」と鳴くのは、ご飯ちょうだいといっています。
エサやおやつを求めています。

トイレの前で「にゃー」

ネコはきれい好きなので、トイレが汚いので「きれいにして」といっています。

しっぽを立てて「にゃー」と近づいてくる

しっぽをピンとたてて「にゃー」と鳴きながら近づいてくるのは、遊んで欲しいというサインです。

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

Flickr Images