ネコがしっぽを股に挟むのは恐怖に怯えている時

ネコがしっぽを後ろ足の股の間に挟んだときは、不安や恐怖に怯えています。


「しっぽを巻いて逃げ出す」という言葉がありますが、まさにそのとおりです。

自分を小さく見せて、弱そうに見せているのです。

勝ち目のない相手と出会ったときや、恐怖を感じた時にしっぽを股の間にはさみます。

コメント

このブログの人気の投稿

猫が「にゃー」と鳴きながら「ゴロゴロ」鳴らすときは「こっち見て」

ネコが「チッ」っと舌打ちするとき

猫の歯の色が茶色っぽくなってきたのは?